特定非営利活動(NPO)法人 AED(自動体外式除細動器)普及協会 トップページ 入会する サイトマップ お問い合わせ
HOME | 除細動とは? | 心室細動とは? | 救命の鎖(Chain of Survival)

AED(自動体外式除細動器)とは?

AED(Automated External Defibrillator)とは、”自動体外式除細動器”のことを指します。

一般的にはあまり馴染みのない難しい言葉ですが、簡単に言えば突然心停止状態に陥った時、心臓に電気ショックを与えて、正常な状態に戻す医療機器です。

コンピューターを内蔵し、電極を胸に貼ると心電図を自動的に解析し、心室細動か否かを判断し、機械が電気ショック(通電)を指示します。

世界で市販されている一般人が行うパブリック・アクセス除細動PAD:Public Access Defibrillation)用の除細動器は、患者発見時に処置できるように、総重量2〜3kg.の小型軽量化が計られてきています。

欧米では、病院や救急車のほか、パトカー、航空機、空港、スポーツ施設、カジノ、ゴルフ場、フェリー等での導入が進んでいます。

PAD(パブリック・アクセス除細動):非医療従事者(一般人)が、心停止患者に対しAEDを用いて除細動を行うこと。

除細動とは?
HOME | 除細動とは? | 心室細動とは? | 救命の鎖(Chain of Survival)